2010年05月10日

丹東でゴルフ

 寒かった4月も過去のこと!ここ大連もすっかり暖かくなってきました。気づけば街路樹の銀杏やアカシアの若葉も急に出てきました。
 陽気がいい今日のような日は、かたいビジネスの話ではなく丹東の楽しいゴルフのお話をします。

 北朝鮮と鴨緑江を挟んで栄える中国最大の辺境都市丹東に、国際水準の設備とコースを兼ね備えた素敵なゴルフ場があることは余り知られていません。
 丹東五龍国際ゴルフ倶楽部は、丹東市内からほど近い、風光明美な五龍山の麓に位置し、山と渓流が織りなす自然が魅力の18H国際標準の本格山岳コースです。
 
 五龍山.JPG

真正面に見えるのが、5頭の龍のように見える五龍山 (2009年8月) 

 

 ナイター施設や、敷地内に4星級のホテルもあり、数日滞在しても不便を感じたり飽きることはありません。
 最近中国のゴルフ場は、どこも込み合って、プレーを中断されることは度々ですが、丹東のゴルフ場は、一人でもラウンドできる程ゆっくりプレーできるのも大きな魅力の一つです。

ホテルの朝食.JPG

 ホテルで出された朝食。一人では食べられないボリュームにびっくり!



さくら.JPG 
1Hティーショット!まさかこんな時期に、こんなところでさくらを見れるなんて思いませんでした。(2010年5月7日)


 
 ゴルフ好きなら誰もが一度は、朝から晩までゴルフを楽しんで数日を過ごしてみたいと憧れるのではないでしょうか?
 そんな贅沢な夢を丹東でかなえるのもいいものです。機会があれば、是非一度行ってみてください。


丹東五龍国際ゴルフ倶楽部
電話:0086-415-2357777




中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ



ラベル:丹東 ゴルフ
posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 21:35| 大連 | Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

大連-丹東 高速バス

 2010年現在、大連から丹東へ移動する場合、高速バスでの移動がもっとも便利です。

丹大快客
所要時間:3時間50分
料  金:92元+1元(保険)
     ※印 82元+1元(保険)
連  絡:0411-82503833
      0415-2134571

大連発
 勝利広場西側(宏孚大厦 隣り)

6:20
7:00
8:00
9:00
10:20
11:50 ※
13:30
14:40

丹東発
 丹東汽車駅(バスターミナル)
6:00 ※
7:50
8:50
9:20
12:30
13:00
14:00
14:50

大連-丹東 バス.JPG
バスの社内風景。
バスにはトイレも付いていますので長旅も安心です。

サービスセンター.JPG
途中、サービスエリアで休憩します。


 尚、ご紹介するバス以外にも、高速道路を利用しない、或いは一部だけしか高速道路を利用しないローカルバスも多数ありますのでご注意ください。


上記データは、2010年5月現在



中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com










posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 01:00| 大連 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

金総書記とニアミス!

 昨日5月7日、丹東から大連へ移動の事。思わぬ経験を体験しました!
 お休みを丹東で過ごし、大連へ戻る為、高速バスに乗ったのですが、いつもとバスの通るコースが違うのです。
 通常、丹東から大連へ向かう高速バスは、丹東市内を抜けるとすぐに高速道路に入るのですが、いつまでたっても田舎道を進み、やっと高速道路に入ったのは2時間も進んでからでした!「まさか、運転士が高速代を値切る為に・・」中国では、運転士の判断でコースが変更することは多々ある事です。

大孤山をいく.JPG
バスはひたすら田舎道を進む。


 ようやく、田舎の町に停車し、トイレ休憩になりました。時間は大幅に遅れているし、挙句の果てに、こんな汚いトイレを案内されて!

田舎町でトイレ休憩.JPG
トイレ休憩で、田舎の町に停車




 運転士さんに詰め寄ると、思わぬ答えが返ってきてきました。中国に滞在している金正日総書記が瀋陽から移動する為に、高速道路が全面封鎖になっているというのです。
 でも、瀋陽から丹東の高速道路が封鎖になってもどうして、方向が違う丹東から大連間の高速道路まで封鎖されるの?しかも、確か金総書記っていつも列車で移動するんじゃなかった??

 事の真実は分かりませんが、中国がいかに金総書記の安全に気を配っているのか思わぬ形で体験できたわけです。

 その日の夕方、各紙が一斉に金総書記北朝鮮帰国のニュースを報じていました。しかも、丹東-大連 ・瀋陽-丹東 間は、専用車での移動との報じられていました。
 私金総書記の事を知ったのは、11時でしたから、ひょっとしたら、金総書記の帰国を知った最初の日本人は私だったかもしれません!
 勝手な自己満足に、バスが2時間も遅れたことなんて忘れてしまい、いい気分で大連に到着したのでした。



中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com




posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 11:42| 大連 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。