2013年09月04日

中国査証(ビザ)見直し(2013年9月) 〜M(商務貿易)ビザ・Q(家族・親族訪問)ビザ等が新設

2013年9月1日より中华人民共和国外国人入境出境管理条例が施行され、中国査証(ビザ)が大きく見直されました。これまで多くのケースで活用されてきたFビザやLビザ以外に、M (商務貿易) ビザやQ(家族・親族訪問)ビザ・S(私人事務)ビザ等が新規に設置されたのが特徴です。
尚、2013年7月1日施行の「中華人民共和国出境入境管理法」(新出入国管理法)では、査証(ビザ)の渡航目的が明確化され、不法入国・不法滞在・不法就業(通称三非)に対する罰則が厳格化されていますのでご注意下さい。


主な査証の種類
D(定住)ビザ
永住目的

F(交流・訪問・視察)ビザ
交流、訪問、視察等の非商業性活動目的

L(観光)ビザ
観光目的

M(商務貿易)ビザ
商用、貿易等の商務目的

Q1 (家族・親族訪問)
中国国内に居住する中国人の家族・中国での永住許可を持つ外国人の家族で長期(180日を超える)滞在をする人、扶養等の理由で訪中する人(家族範囲:配偶者、親、子、兄弟姉妹、祖父母、孫、配偶者の父母、子の配偶者)

Q2(家族・親族訪問)
中国国内に居住する中国人の家族・中国での永住許可を持つ外国人の家族で短期(180日を越えない)滞在をする人

S1(私人事務)
駐在(就労)や留学等の目的で中国に滞在する外国人の配偶者・父母・18歳未満の子・配偶者の父母・その他で、長期(180日を超える)滞在をする人

S2(私人事務)
駐在(就労)や留学等の目的で中国に滞在する外国人の配偶者・父母・子・兄弟姉妹・祖父母・孫・配偶者の父母・子の配偶者・その他で、短期(180日を越えない)滞在をする人

X1(留学)
長期の留学(180日を超える滞在)

X2 (留学)
短期の留学(180日を超えない滞在)

Z(駐在)
駐在(就労)目的


中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com



posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 16:03| 大連 | Comment(0) | 中国査証(ビザ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。