2010年05月04日

中国有給休暇2

 昨日に引き続き中国の有給休暇についてお話します。

・有給休暇は年度を跨いで利用できるの?
  通常、年度を跨いで有給休暇を利用することはできません。但し、生産や仕事の都合上、やむを得ず年度を跨いで有給休暇の手配が必要な場合、1回に限り年度を跨いで利用することが認められています。
 但し、生産や仕事の都合に依らず、労働者自らの意思で有給休暇を使い切らず、有給休暇が残った場合、原則年度を跨いで有給休暇を持ちこすことはできません。その場合、残った有給休暇の日数分を給料に計算して手当てとして還元します。
 尚、ここで言う年度とは、各会社で定めている年度ではなく、1月1日から12月31日までの期間を指して年度と称します。


・有給休暇が残った場合どうするの?
 労働者自らの意思で有給休暇を使い切らず、有給休暇が残った場合、残った有給休暇の日数分を給料に計算して還元します。
 また、使用者が仕事の都合上、やむを得ず有給休暇を手配できない場合、労働者本人の同意を経たうえで、有給休暇を手配せずに済みます。但し、その場合、労働者へ手配できなかった有給休暇の日数分に対して通常の給与3倍額の手当てを支給しなくてはなりません。

 有給休暇の手当て換算式
 12ヶ月間の平均の給与(歩合等の給与を含める。残業費はこれに含まず)÷21.75×残り有給休暇 
 (使用者が仕事の都合上、やむを得ず有給休暇を手配できない場合、上記の手当ての3倍)
※労働者の勤務が12ヶ月未満の場合は、実務労働月数の平均


このように中国では、有給休暇について細かい規定が定められていますので、注意が必要です。
今後も、中国の労働法についてお話してきます。どうぞよろしくお願いします。



中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com











posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 21:10| 大連 ☀| Comment(0) | 中国労働法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。