2010年06月08日

Lビザ(中国親族訪問、観光ビザ)

 本日から数回にわたり、中国査証(ビザ)の種類についてお話いたします。


Lビザ(中国親族訪問、観光ビザ)
日本国籍の方(日本籍華人を含まず)の15日を越える観光査証について、大使館での個人申請は原則受け付けていません。必ず旅行代理店を通して申請する必要があります。


・必要書類
  ・旅券(パスポート)
  ・証明写真1枚(3×4cm)
  ・申請表(旅行社が記入してくれる)
  ・親族関係証明(親族訪問の場合)


・回数
  一次入国 、二次入国、数次入国などがある。 
  (有効期限内であれば、一次は1回、二次は2回、数次は何度でも入国できる)


・有効期限
  3カ月、6ヶ月 がある。
  (その期間までに中国に入国しないと無効になりますよという期限であって、
  滞在できる期間ではないので注意。勘違いしてオーバーステイする人をたま
  に見かける。オーバーステイしてしまったら500元/日、最大5,000元の罰金を
  徴収される)


・滞在可能日数
  30日、90日、180日
  (入国して滞在できる日数のこと)

 
  例1)一次入国ビザ、有効期限3カ月、滞在可能日数30日 の場合
     ビザが発行されて3カ月以内に中国へ入国しないとビザが無効。
     入国すれば、30日間滞在可能。一旦、中国を出国すれば、ビザは無効となる。
     但し、有効期限内に入国すれば、30日間滞在可能。

  例2)二次入国ビザ、有効期限6カ月、滞在可能日数90日
     ビザが発行されて6カ月以内に中国へ入国しないとビザが無効。
     有効期限内であれば、2度中国に入国でき、それぞれ90日間滞在可能。


明日は引き続きFビザ(中国訪問ビザ)についてお話します。よろしくお願いします。




中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com







posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 23:06| 大連 | Comment(0) | 中国査証(ビザ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。