2012年06月04日

“三非”外国人 取り締まりキャンペーン

 北京市公安局(警察)では、このほど外国人“三非”取り締まりキャンペーン(5月15日より8月末まで)を行う旨が発表された模様です。
“三非”外国人とは、「非法入国外国人」「非法居留外国人」「「非法就業外国人」のことを指し、期間中、公安局総力を上げて、不法外国人の取締りに当たるばかりか、ホットラインを設け、市民にも通報を呼びかけているようです。(通報ホットライン:010-64038685)

 一部、中国共産党指導部が交代する党大会を数カ月後に控えて治安と安定を確保する狙いがあると指摘する声もあるようです。しかしながら、北京オリンピック、上海万博、或いは広州でのアジア大会等、国際行事にあわせて、外国人の入国・居留を厳しくチェックすることはありましたが、今回のように、特に不法就業者の取り締まりに絞ったようなキャンペーは稀と見るべきでしょう。
 個人的には、昨年の7月に社会保険方が改正され、外国人の社会保険の加入が義務化されたことにも関連して、中国で就業する外国人に対しての、社会保険費や所得税の徴収強化が真の目的ではないかと思っております。

 ともあれ、北京で展開中の同等のキャンペーンは、今後中国各地に広がっていく可能性も高く、パスポート(旅券)の携行を心がるとともに、中国滞在資格(ビザや居留許可)の種類や有効期限についてご注意下さい。

関連記事
パスポート不携帯の罰金にご注意(中国)
パスポート不携帯の罰金にご注意(日本編)
パスポート不携帯の罰金にご注意(日中比較編)

中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com




posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 22:39| 大連 | Comment(0) | 中国生活情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。