2013年07月19日

(二)「中華人民共和国出境入境管理法」(パスポート携帯義務・居留登録義務 管理強化)

2013年7月1日より「中華人民共和国出境入境管理法」(新出入国管理法)が施行され、外国人の出入国・居留管理に関するルールが大きく見直されました。

中国への渡航・滞在されるにあたり、重点箇所をまとめましたのでご参考いただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
二.パスポート携帯義務・居留登録義務 管理強化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・パスポートの所持義務
  16歳以上の中国国内滞在の外国人はパスポートを常時携帯する必要があり、公安機
  関の検査を受けなければなりません。
  取り締まりを拒否する、或いはパスポートを携帯していない場合、警告を受けるか、2,000元以下の罰金を支払わなければなりません。(罰金が500元の上限から引き上げられました)
「中華人民共和国出境入境管理法」第38条
年满十六周岁的外国人在中国境内停留居留,应当随身携带本人的护照或者其他国际旅
行证件,或者外国人停留居留证件,接受公安机关的查验。


 ・ホテル・旅館宿泊以外は24時間以内に住所登録が必要
  通常ホテルの宿泊の場合、ホテル側で住所登録を行うので問題ありませんが、友人・
  知人の家に泊まる場合、或いはウィークリーマンション等宿泊の場合、入居24時間
  以内に、居留地域の派出所に居留許可をしなければなりません。
  手続きを怠り、指摘を受けた場合、警告を受けるか、最悪1,000元以上5,000元以下の
  罰金を支払わなければなりません。(罰金が500元の上限から引き上げられました)
  「中華人民共和国出境入境管理法」第39条
  外国人在中国境内旅馆住宿的,旅馆应当按照旅馆业治安管理的有关规定为其办理住宿
登记,并向所在地公安机关报送外国人住宿登记信息。
    外国人在旅馆以外的其他住所居住或者住宿的,应当在入住后二十四小时内由本人或者
留宿人,向居住地的公安机关办理登记。
  「中華人民共和国出境入境管理法」第76条
    有下列情形之一的,给予警告,可以并处二千元以下罚款:
    (一)外国人拒不接受公安机关查验其出境入境证件的;
    (二)外国人拒不交验居留证件的;
    (三)未按照规定办理外国人出生登记、死亡申报的;
    (四)外国人居留证件登记事项发生变更,未按照规定办理变更的;
    (五)在中国境内的外国人冒用他人出境入境证件的;
    (六)未按照本法第三十九条第二款规定办理登记的。
    旅馆未按照规定办理外国人住宿登记的,依照《中华人民共和国治安管理处罚法》的有   
关规定予以处罚;未按照规定向公安机关报送外国人住宿登记信息的,给予警告;情节
严重的,处一千元以上五千元以下罚款。



一.査証(ビザ)取得手続きの変更
・査証(ビザ)手続きにおいて面談を実施
・インヴィテーション(招聘状)が必要に
・居留許可申請手続きが5営業日から15日以内に変更
・指紋採取の可能性

二.パスポート携帯義務・居留登録義務 管理強化
・パスポートの所持義務
・ホテル・旅館宿泊以外は24時間以内に住所登録が必要


三.不法就労に対する処罰が厳格化
・不法就労の定義が明確化
・不法就労に対する罰則が厳格化(罰金)
・不法就労に対する罰則が厳格化(強制出国・5年以内の再入国禁止措置)

四.不法滞在に対する処罰が厳格化
・法滞在のおける罰則が厳格化
・中国居留許可の取り消し、期限内での出国命令

五.出国制限措置


中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com


posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 14:36| 大連 🌁| Comment(0) | 中国労働法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。