2013年07月20日

(三)「中華人民共和国出境入境管理法」(不法就労に対する処罰が厳格化)

2013年7月1日より「中華人民共和国出境入境管理法」(新出入国管理法)が施行され、外国人の出入国・居留管理に関するルールが大きく見直されました。

中国への渡航・滞在されるにあたり、重点箇所をまとめましたのでご参考いただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三.不法就労に対する処罰が厳格化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・不法就労の定義が明確化
  出入国管理法の改正で特筆すべきは、不法就労に対する定義が明確化され、違反時の
処罰が極めて厳しくなったことです。
  中国国内で就労する場合、規定に基づき就労許可(Zビザ・居留許可)を取得することが
義務づけられ、観光ビザ(Lビザ)や訪問ビザ(Fビザ)或いは就学ビザ(Xビザ)での就労が
厳しく制限されていますのでこれまでにも増して注意が必要です。
   不法就労の定義
   (1)規定に基づき就業許可を取得せず中国国内で就業している場合
   (2)就業許可の規定範囲を超えて中国国内で就業している場合
   (3)外国留学生で、就学期間時のアルバイト規定(近日中に施行される予定)に違反し、
規定の就労範囲、或いは時間を超えて中国国内で就労している場合
「中華人民共和国出境入境管理法」第41条
外国人在中国境内工作,应当按照规定取得工作许可和工作类居留证件。任何单位和个人不得聘用未取得
工作许可和工作类居留证件的外国人。外国人在中国境内工作管理办法由国务院规定。
「中華人民共和国出境入境管理法」第43条
外国人有下列行为之一的,属于非法就业:
  (一)未按照规定取得工作许可和工作类居留证件在中国境内工作的;
  (二)超出工作许可限定范围在中国境内工作的;
  (三)外国留学生违反勤工助学管理规定,超出规定的岗位范围或者时限在中国境内工作的。


 ・不法就労に対する罰則が厳格化(罰金)
不法就労に対する処罰は下記の通りとなります。
不法就業した外国人:
5千元以上2万元以下の罰金。或いは状況が深刻な場合、5日以上15日以下の拘留、且つ左記の罰金。
不法で外国人を雇用した法人:
1人につき1万元、総額で10万元以下の罰金。何らかの報酬を受けている場合、その所得の没収。 
「中華人民共和国出境入境管理法」第80条
  外国人非法就业的,处五千元以上二万元以下罚款;情节严重的,处五日以上十五日以下拘留,并处五千元以上二万元以下罚款。
  介绍外国人非法就业的,对个人处每非法介绍一人五千元,总额不超过五万元的罚款;
对单位处每非法介绍一人五千元,总额不超过十万元的罚款;有违法所得的,没收违法所得。
非法聘用外国人的,处每非法聘用一人一万元,总额不超过十万元的罚款;有违法所得的,没收违法所得。


・不法就労に対する罰則が厳格化(強制出国・5年以内の再入国禁止措置)
  上記の罰金以外に強制出国の処罰が下され5年以内の再入国が禁止されます。
「中華人民共和国出境入境管理法」第62条
外国人有下列情形之一的,可以遣送出境:
   (一)被处限期出境,未在规定期限内离境的;
  (二)有不准入境情形的;
  (三)非法居留、非法就业的;
  (四)违反本法或者其他法律、行政法规需要遣送出境的。
   其他境外人员有前款所列情形之一的,可以依法遣送出境。
   被遣送出境的人员,自被遣送出境之日起一至五年内不准入境。



一.査証(ビザ)取得手続きの変更
・査証(ビザ)手続きにおいて面談を実施
・インヴィテーション(招聘状)が必要に
・居留許可申請手続きが5営業日から15日以内に変更
・指紋採取の可能性

二.パスポート携帯義務・居留登録義務 管理強化
・パスポートの所持義務
・ホテル・旅館宿泊以外は24時間以内に住所登録が必要

三.不法就労に対する処罰が厳格化
・不法就労の定義が明確化
・不法就労に対する罰則が厳格化(罰金)
・不法就労に対する罰則が厳格化(強制出国・5年以内の再入国禁止措置)

四.不法滞在に対する処罰が厳格化
・法滞在のおける罰則が厳格化
・中国居留許可の取り消し、期限内での出国命令

五.出国制限措置


中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com


posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 15:45| 大連 🌁| Comment(0) | 中国労働法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。