2010年06月10日

Xビザ(中国留学ビザ)

今日はXビザ(中国留学ビザ)についてお話します。


Xビザ(中国留学ビザ)
 留学期間が半年を超過する場合に発給されるビザです。大使館領事部或いは旅行代理店を通じてビザ申請します。


・必要書類
  ・旅券(パスポート)
  ・証明写真1枚(3×4cm)
  ・留学先の入学通知書の原本及びコピー
  ・《JW201》表、あるいは《JW202》表("招聘状"の俗称)の原本及びコピー
  ・健康診断記録(日中友好医院或いは国公立病院にて受けたものに限る)
   の原本及びコピー
  ・申請表

・回数
  1年多次(1年マルチ) 
  (有効期限内であれば何度でも入国可能)

・滞在可能日数
   1年間


入国時期が迫り、健康診断を受ける時間が足りない場合
  留学までの日時が短く、手続きする時間が足りない場合もあります。その場合、旅行社にお願いして最低でもLビザ(中国親族訪問、観光ビザ)を取得してください。中国入国後、受入れの学校でXビザ(中国留学ビザ)への切り替え手続きをしてくれます。
 但し、ビザを取得せず中国へ入国した場合、更新が困難ですのでご注意ください。



明日はいよいよ中国ビザ紹介の最終、通称Zビザ(就業ビザ)(外国人居留許可に変更)についてお話します。




中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com







posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 20:43| 大連 | Comment(0) | 中国査証(ビザ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

Fビザ(中国親族訪問、観光ビザ)

 今日は、Fビザ(中国訪問ビザ)についてお話します。


Fビザ(中国訪問ビザ)
 視察、商用、会議、講義、参観、スポーツ、友好交流、短期留学、研修で訪問する場合に発給されるビザです。大使館領事部或いは旅行代理店を通じてビザ申請します。


・必要書類
  ・ 旅券(パスポート)
  ・ 証明写真1枚(3×4cm)
  ・ 受入れ機関(会社)招聘書のオリジナル
  ・ 申請表


・回数
   一次入国、半年多次(半年マルチ)、1年多次(1年マルチ)などがある。 
   (多次は、有効期限内であれば何度でも入国可能)


・滞在可能日数
   30日、60日、90日、180日、360日
 


Fビザ(1次).jpg

種類:Fビザ(中国訪問ビザ)
回数:1次入国
有効期限:3カ月
滞在可能日数:30日間

■ 有効期限内であれば、中国に一度だけ入国可能
■ 一度の入国で最大30日間滞在可能
■ 一度中国を出国するとビザは無効
■ 有効期限内であっても入国後30日間経つとビザは無効。
 (30日以内で出国、或いは延長手続きが必要。もし、オーバーステイ
  した場合、500元/日/最大5,000元の罰金)  
■ 入国時期がビザの有効期限内であれば、滞在中有効期限が過ぎてもOK
  (入国してから30日間の滞在が可能)



Fビザ(0次).jpg

種類:Fビザ(中国訪問ビザ)
回数:0次入国
有効期限:3カ月
滞在可能日数:90日間

■ 中国国内でビザ延長している為、既に入国している(再入国は不可)
■ 最大90日間滞在可能
■ 一度中国を出国するとビザは無効



Fビザ(マルチ).jpg

種類:Fビザ(中国訪問ビザ)
回数:多次
有効期限:1年
滞在可能日数:1年

■ 有効期限内、何度でも出入国が可能
■ 1年間の滞在が可能


明日はXビザ(留学ビザ)についてお話します。



中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com



posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 22:20| 大連 | Comment(0) | 中国査証(ビザ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

Lビザ(中国親族訪問、観光ビザ)

 本日から数回にわたり、中国査証(ビザ)の種類についてお話いたします。


Lビザ(中国親族訪問、観光ビザ)
日本国籍の方(日本籍華人を含まず)の15日を越える観光査証について、大使館での個人申請は原則受け付けていません。必ず旅行代理店を通して申請する必要があります。


・必要書類
  ・旅券(パスポート)
  ・証明写真1枚(3×4cm)
  ・申請表(旅行社が記入してくれる)
  ・親族関係証明(親族訪問の場合)


・回数
  一次入国 、二次入国、数次入国などがある。 
  (有効期限内であれば、一次は1回、二次は2回、数次は何度でも入国できる)


・有効期限
  3カ月、6ヶ月 がある。
  (その期間までに中国に入国しないと無効になりますよという期限であって、
  滞在できる期間ではないので注意。勘違いしてオーバーステイする人をたま
  に見かける。オーバーステイしてしまったら500元/日、最大5,000元の罰金を
  徴収される)


・滞在可能日数
  30日、90日、180日
  (入国して滞在できる日数のこと)

 
  例1)一次入国ビザ、有効期限3カ月、滞在可能日数30日 の場合
     ビザが発行されて3カ月以内に中国へ入国しないとビザが無効。
     入国すれば、30日間滞在可能。一旦、中国を出国すれば、ビザは無効となる。
     但し、有効期限内に入国すれば、30日間滞在可能。

  例2)二次入国ビザ、有効期限6カ月、滞在可能日数90日
     ビザが発行されて6カ月以内に中国へ入国しないとビザが無効。
     有効期限内であれば、2度中国に入国でき、それぞれ90日間滞在可能。


明日は引き続きFビザ(中国訪問ビザ)についてお話します。よろしくお願いします。




中国ビジネスコンサルタントは金之橋ヒューマンブリッヂ
http://www.kinnohashi.com





posted by 金之橋ヒューマンブリッヂ at 23:06| 大連 | Comment(0) | 中国査証(ビザ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。